Amazon転売

【2019年最新版】Amazon出品アカウントを個人で登録する方法

あなたは今、Amazonで転売する方法を知りたいでのはないでしょうか?

また、転売のステップアップとしてAmazonでの出品を考えているのではないでしょうか?

この記事では、Amazonの出品アカウントの登録方法と転売のステップアップの仕方をどこよりも分かりやすく解説しています。

メルカリやラクマなどのフリマアプリの転売ビジネスが人気ですが、もっと大きな収入を得るには、Amazonにも出品する方が効率良く稼げます。

Amazonに出品するメリット

フリマアプリなどに比べると、個人でもAmazonに出品できることを知らない人はとても多いです。

ですが、Amazonでの出品はアカウント登録の作業を含めて、とても簡単にできます。

また、中古品の販売もできるので、せどりや転売にも向いています。物販をするのであれば、フリマアプリだけに頼らずに、誰もが知っている巨大なマーケットAmazonを利用しない手はありません。

ネット販売売上NO.1の集客力

抜群の認知度を誇るAmazonですが、2018年度のネット販売売上高は、1.5兆円と2位以下に大きな差をつけて前年に引き続き1位を獲得しています。(※月間ネット販売調査)この大きな市場に簡単に参入していけるのです。(物販を含まない楽天トラベルなどを合わせた楽天グループ全体では楽天が1位です)

また、楽天やZOZO、ヨドバシカメラなどがネット通販事業の上位にランキングされていますが、そこに出品するためには、Amazonに比べるとはるかに高いハードルがあります。まずは初心者でも簡単に出品できるAmazonから始めてみましょう。

Amazonで購入する安心感

Amazonで購入するお客さんは、フリマアプリやヤフオク!のような個人から購入する買い物と違い、Amazonという大手企業の安心感や信頼性を持って買い物をします。

私たちがAmazonに出品すると、その大手企業の信頼性を使って販売することができます。

他にも、お届けまでのスピードや、送料無料の商品の多さ、返品対応など、お客さんがAmazonで購入するメリットは沢山あります。

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用できる

FBAのサービスは、Amazonの倉庫に商品を納品しておくと、在庫の管理、商品が購入されたら注文の処理、梱包、発送までを自動で行ってくれます。このサービスが圧倒的に便利です。

商品を納品しておけば、一番時間と手間のかかる梱包と発送の作業から解放され、自由に時間が使えるようになります。

商品数を増やすと、「梱包と発送の作業で手が回らなくなってしまう問題」を解決してくれるFBAは、売上をあげていくためには必須なサービスです。

アカウント登録に必要なもの

電話番号

アカウント作成の本人確認のために必要になります。また、スマホがあると「050」から始まる電話番号の取得や、不正ログインを防止するためのアプリの設定もできます。

銀行口座

登録をした銀行口座に売上が入金されます。できれば、ビジネス用に新しく作成しておくと売上が管理しやすくなります。

後で変更できるので、まずは先に登録してしまいましょう。

クレジットカード

アカウント登大口出品の場合の月額4900円や購入された際の手数料などの経費がクレジットカードに請求されます。基本的には売上から引かれますが、売上よりも経費が上回った場合にクレジットカードに請求されます。

メールアドレス

Amazonやお客さんとのやり取りに使用します。

Gmailなどのフリーメールでも問題ありませんので、出来ればビジネス用としてプライベートと分けておくと、後々使いやすいです。

後から変更できるので、まずはあるもので登録を済ませてしまいましょう。

出品アカウント登録方法

それでは、実際に出品するためのアカウントを作成しましょう。個人でAmazonでの出品はハードルが高いように感じるかもしれませんが、この説明通りに進めていけば、すぐに登録して出品することができます。

Amazonのトップ画面の右上のアカウントサービスをクリック。→出品アカウントサービスをクリックします。それか「Amazonで売る」をクリックでも同じ画面に進みます。

次の画面で「出品サービスアカウント」をクリック。

次の画面で「さっそく始める」をクリック。

居住国は日本のまま、正式名称/販売業者名にはあなたの名前を入力します。

出品規約にチェックして次へをクリックします。

店舗名を入力します。店舗名は後から変更できるので、仮でいいので先に登録して進めましょう。電話番号で認証をする方法を「電話を受ける」か「SMS」かを選択します。確認のための「電話を受ける」は自動音声なので緊張する必要はありません。

「携帯電話番号」の入力は、日本の国番号である+81が表示されています。電話番号の最初の数字は入力しません。「090 000 0000」の場合「90 000 0000」と入力します。

電話かSMSで送られてきたパスワードを入力します。

パスワードの確認がとれると、運営責任者名の入力画面が表示されるので、名前を入力します。

次はクレジットカード情報の入力です。

「商品情報の入力」はすぐ下の「省略する」でOKです。

「次の商品カテゴリーを選択してください」も同じように「省略する」でOKです。

次に進むと2段階認証の設定の画面になります。2段階認証とは、Amazonのパスワードを入力するだけではログインできないようにして、セキュリティを強化します。出品アカウントの場合、売上の振込先の設定ができるので、購入用のアカウントよりもセキュリティを強化してあります。

SMSか自動音声の通話から2段階認証のコード(パスワードのような数字5ケタ)が送信される方法を選択します。

次は、少し面倒なのですが、万が一、先ほどの電話番号のスマホを紛失した場合や、電話番号が変更になっていた場合などにサインインできない状況を防ぐために、他の電話番号を登録するか、スマホのアプリ「Authenticator」をインストールして設定します。

スマホのアプリ「Authenticator」は、QRコードを読み込むか、スマホで検索してダウンロードしましょう。

スマホアプリ「Authenticator」で下画像のようにクリックして先ほどのQRコードをスキャンします。するとAmazonに入力するコード(パスワードのような6ケタの数字)が表示されます。

お疲れ様です。Amazon出品用アカウントはこれで完了です。

銀行口座の設定

次に売上が入金される銀行口座を登録します。

出品用アカウント情報から「サービスの管理」をクリック。

赤枠の登録をクリック。

銀行口座番号と口座種別を選択して下の「銀行口座情報を設定」をクリックします。

次に確認したいことですが、Amazonで出品するにあたり、大口出品と小口出品があります。

大口出品は、月額で4,900円+注文が入ったときにかかる販売手数料がかかります。

小口出品は、月額は無料ですが、注文が入ったときに基本成約料が1商品につき100円+販売手数料がかかります。

大口出品を選ぶ理由

FBAの利用

この記事の最初にも説明しましたが、商品が購入されたら梱包と発送を自動で行ってくれるFBAを利用できます。物販ビジネスでは売上が上がってくると、梱包と発送の作業を自分でやっていると時間が足りなくなってしまいます。大きな利益を出すにはFBAの利用は欠かせません。

ショッピングカートの獲得

大口出品でないと、ショッピングカートを獲得することができません。相乗り出品の場合、カートを獲得できないと売れる確率が格段に下がってしまいます。

新規商品ページ作成

商品ページを作成して新規に出品することができるのも大口出品の大きなメリットです。相乗りされないようにして独占的に販売ができれば、価格競争にならずにカートを独占できます。

この3つの大きなメリットだけでも本格的に稼いでいくには、大口出品がオススメです。

ほかにも、大口出品ではお客さんが購入する支払い方法が大幅に増えるし、日時指定をすることもできるようになります。

1ヵ月に扱う商品の数と、相乗り出品しかやらないかどうかで決まってきますが、後から変更できるので、登録の時にあまり悩み過ぎる必要はありません。

小口出品を選ぶ理由

転売、せどり専門で出品する場合で、月に50商品を販売する予定がなければ小口出品で十分対応できます。

月に稼ぐ目標額をどれくらいに設定するかで決まってきますが、一度大口出品も経験してみることをオススメします。大口出品の大きなメリットを経験した上で、どちらが自分に合っているか考えてみましょう。

大口出品と小口出品の変更方法

出品用アカウント情報をクリックします。

サービスの管理をクリックします。

大口出品に登録していたら、下の小口出品に変更をクリックします。

これで大口出品から小口出品へ変更が完了です。

売れる店舗名の付け方

Amazonでは、購入する際に一番目に付きやすい、お店の名前や評価でお店のイメージが決まってきます。「信頼できるちゃんとしたお店」の印象を持たれなければ、購入してもらえません。

ニックネームや英単語だけなどの、いかにも個人でお店をやっているような印象を与えてしまうと、売上に大きく影響が出てしまいます。お客さんから見て安心して購入できるお店だと伝わる店舗名を考えましょう。

悪い例

「tmokl_08254」

「山田」

「sky」

適当にニックネームのようなものや単語1つだけのような店舗名だと個人でやっているような印象を受けてしまいます。なるべく怪しげな印象を持たせないで、健全なお店をアピールしましょう。

良い例

「ABCショップ」

「ABCオンラインストア」

「ABC本舗1号店」

お店でやっている印象を持たせることで信頼性・安心感が生まれます。「○○支店」のように支店名や本店、1号店などを付け足してあげると、よりお店っぽい印象を持たせることができます。

お店の名前は後から変更できるので、悩んでしまう場合は、仮の店舗名を入力して、先に登録を済ませてしまいましょう。店舗名は商品を出品した時に、初めて公開されるので、その時までに考えておきましょう。

また、Amazonの禁止している店舗名に下図のようなものがあります。

難しく書いてありますが、簡単に言うと、店舗名に「Amazon」や「アマゾン」を使用しない、他のお店の名前や商標を使用しない、メールアドレスの.comなどを使用しなければ大丈夫です。

店舗名の変更の仕方

セラーセントラルのトップページから右上の設定から出品用アカウント情報をクリックします。

出品者のプロフィールからいつでも変更できます。

個人情報について

Amazonで出品する場合、個人情報の入力は必須となります。ですが、自宅の住所や電話番号をネット上に公開することに抵抗がある方もいると思います。その場合の対応方法を紹介します。

名前は本名の登録が必要です。どんなビジネスでも信用がなければ成り立たないし、信用があればビジネスをより大きくすることができます。大手の会社(例:AppleやSONYなど)はそれだけ信用を獲得しているとも言えるし、安心感もあります。ビジネスを始める覚悟が必要です。

登録する住所は、そのまま自宅を載せている方も沢山います。自宅を載せることに抵抗がある方は、バーチャルオフィスという月額制(数千円程度)で住所を貸してくれるサービスがあります。そちらを使うことで自宅の住所は公開せずに、登録できます。

電話番号ですが、バーチャルオフィスのプランとして、住所&電話番号を利用できるプランがあります。もしくは、スマホのアプリで050から始まる電話番号を月額で使用することができます。電話番号に関しては、050のアプリを使用した方が安くて手軽に始めることができます。

050アプリの種類は沢山ありますが、いくつか紹介します。

大手のNTTコミュニケーションズが提供している「050plus」です。月額324円(税込)で、国内の携帯電話の通話料は1分/17.28円です。他のアプリに比べると少し割高ですが、大手の安心感があります。

楽天グループが提供する「SMARTalk」は、月額無料で通話料も安く使い勝手のいいアプリです。

ブラステルという会社が提供している「My 050」は、通話料がプリペイドによる前払い制で、コンビニ、クレジットカード、ペイパルからチャージをして使用します。

mineoという会社が提供している「La La Call」は、格安スマホを扱っているので、mineoのサービスを利用している場合は100円分の無料通話がついてきます。

紹介したアプリの料金表です。

050経由でかかってきた着信には、お店の名前で電話を受ければいいのでプライベートの電話との使い分けが簡単です。

まとめ

Amazonに出品してビジネスに取り組むと、誰にでも大きな利益を生み出せる可能性があります。

いきなり月額制の大口出品に抵抗があるようでしたら、まずは小口出品から始めてみるのもいいでしょう。

ビジネスでは、立ち止まったまま時間だけが過ぎてしまうと、大きなチャンスを逃してしまうことになります。必要なものは後から揃えればいいので、まずはアカウントの開設をして、ビジネスのスタートラインに立ちましょう。

ネットビジネス初心者が最短で稼ぐ方法

中国輸入ビジネスに興味があるけど、やり方が分からずに悩んでいませんか?

メルマガに登録すると

・OEMを使わない中国輸入で稼ぐ方法

・Amazonを使わずに稼ぐ方法

・広告費を一切使わずに稼ぐ方法

・5万円で作る日本製品のOEM販売

伊達流の中国輸入ビジネスの手法をメールの音声にて公開しております。

無料ですので是非一度聞いて見て下さい。

※登録後に読まなくなった方はできるだけ早めのメルマガ解除をお願いします。

解除リンクはメルマガの一番下に用意してあります。